病院指標

平成27年度 吉川中央総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 15 52 72 97 142 191 446 809 699 223
市内唯一の総合病院として幅広い年齢層の患者様にご利用いただいております。
当院におきましても高齢化の影響を受け、60歳以上の患者様の割合が全体の79.2%と多くの割合を占めています。
年代別割合を列挙しますと60歳代16.2%、70歳代29.4%、80歳代25.4%、90歳代8.1%となっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 150 42.87 14.34 2.67 76.45
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 125 44.28 21.69 0.80 83.88
050130xx99000x 心不全 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 33.56 18.30 2.44 85.34
当院の内科は一般内科として幅広い疾患に対応しております。その中での上位3位疾患は上記となっております。
上位1位・2位と肺炎関連の疾患が続いており、いずれの平均年齢も75歳以上と高齢者が多くを占めています。続いて心不全となっておりますが、こちらにおいても肺炎の合併症例が多くみられ、併行して治療を行うケースが多くみられています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030330xx99xxxx 急性副鼻腔炎 - - 6.35 - -
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 6.31 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.18 - -
小児科では比較的軽症の患者様の入院対応を主としており、入院症例も多くありません。上位3位として急性副鼻腔炎、気管支喘息による発作、胃腸炎や感染症を原因とする脱水が挙げられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 47 11.62 7.84 0.00 59.66
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 14.50 9.17 0.00 70.88
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 29 8.93 7.91 0.00 58.72
患者数1位は、胆石が原因で生じる疾患で多くみられる胆嚢炎となっています。胆嚢炎には急性・慢性があり、抗生剤の投与による治療が行われます。手術が必要となった場合は、腹腔鏡下による手術も行っており、手術侵襲が少なく、比較的早期退院が可能となっています。患者数2位は、腸閉塞となっています。腸閉塞とは内容物が腸に詰まってしまう病態です。手術の必要がない場合、食事や飲水を中止して、十分な補液を行います。平均年齢が約70歳となっていて、退院されるまで若干入院期間が長くなっています。患者数3位は、大腸憩室の炎症となっています。憩室とは、腸管内圧の上昇により腸管壁が外へ嚢状に突出した状態です。憩室炎と診断された場合、入院を要して、食事や飲水を中止して、輸液療法、抗生剤の投与などの保存的治療を行います。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 48 65.96 28.70 12.50 77.67
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 29 55.00 21.52 3.45 74.90
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 副傷病なし 11 19.18 13.49 0.00 69.64
近年交通事故の減少と高齢化の影響で、股関節付近の骨折が多くなっています。平均年齢も約77歳と高齢の方が症例の対象となっています。急性期の病棟に入院されても、回復期リハビリテーション病棟等に転棟し、リハビリ治療を受けてから退院となるため、入院日数が全国平均と比較して長くなっています。その他は、腰部や胸椎の圧迫骨折や上腕骨の骨折や肩関節の脱臼に対して入院される方が多くなっています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 41.17 15.80 0.00 70.04
030400xx99xxxx 前庭機能障害 20 5.60 5.31 0.00 68.60
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし - - 18.08 - -
医師1名体制で行っており、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術などは年間10件程度行っております。その他対象外の手術が必要な方については他院をご紹介させていただいております。脳梗塞については、急性期治療としては点滴や検査が主体となり、急性期後は回復期リハビリテーション病棟に転棟をしていただき、十分なリハビリを受けてから退院となります。急性期から亜急性期、その後の療養も含めている場合があるため、全国平均在院日数と比較して約115日と長くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) - - 3.38 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 - - 3.43 - -
020220xx97xxx0 緑内障 片眼 - - 9.57 - -
斜視や緑内障に対する手術は年間10件に満たない件数となっております。白内障に対する、水晶体再建手術については、年間350件以上行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 27 1 7
大腸癌 - 10 - - 12 31 2 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - 25 1 7
肝癌 - - - - - - 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数としては、大腸癌が最も多くなっています。続いて胃癌、肺癌となっております。
当院は、外科で消化器癌に対しての手術及び化学療法を行っております。そのため大腸癌・胃癌の患者様が多くなっています。その多くは手術可能もしくは化学療法の効果が期待できる重症度の患者様となります。さらに、緩和ケアを希望する患者様の受け入れも行っており、再発と分類される患者様が多くみられるのはそのためです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 15 17.00 62.60
重症度 1 46 41.50 74.30
重症度 2 46 57.96 84.24
重症度 3 16 45.88 84.00
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
患者様の年齢が高齢になる程、重症度が高くなる傾向がみられます。重症度が低い患者様については比較的若年層で入院期間についても短期間となっています。それに対して、中間以上の重症については高齢者が多く入院期間を長く要する傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 6.62 69.54 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 64 71.38 76.64 6.25
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院に脳梗塞の診断で入院される方は全て発症から3日以内に治療が開始されています。早期診断、早期治療開始、早期リハビリ介入を心掛け、急性期病棟から回復期リハビリ病棟への円滑な移行によって、発症後のADL(日常生活動作)障害が軽減されています。本報告では制度上急性期から回復期リハビリ病棟を経由して退院するまでの在院日数となりますので、約71日と長くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 34 2.35 2.18 2.94 69.41
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 29 0.24 1.52 0.00 65.25
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む)
12 48.33 43.42 0.00 81.75
内科では主に内視鏡手術を行っております。大多数の患者様は、内視鏡手術施行の経過観察後に退院となるため当日もしくは翌日に退院することができます。
胃瘻造設に関しましては、入院加療中に食事摂取困難となったケースに行い、在宅や施設へ退院のためなど予後の経過をよりよくするために行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 77 0.53 1.84 0.00 63.87
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 57 3.60 8.81 0.00 60.84
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 36 1.22 6.47 0.00 64.78
外科では主に消化器の手術を行っております。1番目に内視鏡ポリープ切除となっており、内科と同じく経過観察後に当日もしくは翌日の退院となります。2番目に腹腔鏡下胆嚢摘出術、3番目に腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術となっております。当院では、このほかにも腹腔鏡下手術を積極的に行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術 38 6.66 55.05 5.26 77.47
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 15.00 57.29 23.53 75.47
K0731 関節内骨折観血的手術 15 4.87 38.73 6.67 74.27
整形外科では四肢の骨折に対する手術を主に行っております。上位1位は骨観血的手術となっており、手術部位として大腿・上腕など四肢の様々な部位を行います。2位は股関節の人工骨頭挿入となっております。3位は関節内骨折観血的手術となっており、肩・膝・肘など様々な部位への対応をしております。上位3位についていずれも平均年齢が75歳以上と高齢であり、手術後はリハビリテーションを行い、退院されるため術後日数を要する傾向にあります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む)
- - - - -
脳神経外科では、手術目的の入院症例が少なく、在院中に発生した手術症例について対応しています。上位3位として1番目に慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術、2番目に水頭症シャント手術、3番目に胃瘻造設術となっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)
(その他)
362 0.02 0.45 0.55 74.44
K2425 斜視手術(直筋の前後転法と斜筋手術) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
眼科では、白内障手術を積極的に行っております。眼内レンズを挿入する水晶体再建術は術後経過観察後に当日もしくは翌日退院となります。その他にも斜視手術や硝子体切除術などの手術も執り行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 16 0.70
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
敗血症は感染症や悪性腫瘍などに合併することが多い疾患です。当院の患者様においても肺炎や尿路感染といった感染症から敗血症を合併することが多いため入院契機と異なる疾患からの発生が大多数となります。播種性血管内凝固症候群についても同様に感染症などかの合併症例となりますが、当院の症例数は少数です。

更新履歴

2016/09/21 初版作成

病院案内

【当院のご案内】

吉川中央総合病院
電話番号:048-982-8311
外来受付時間
月~金:午前7時~17:00まで
土:午前7時~17:00まで
※診療科によっては受付と診察を行っていない時間帯もございますので、事前にご確認下さい。
所在地
〒342-0056 埼玉県吉川市平沼111
TEL:048-982-8311
FAX:048-981-2062

PAGE TOP↑