外科

当院外科は、一般外科はもちろん、消化器外科の専門チームとして幅広く診療にあたっております。

癌で命を落とさない非常に有効な方法は、出来るだけ早い時期に癌を診断して治療すること(早期発見・早期治療)です。
そのためには内視鏡検査を積極的行うことをお勧めします。
早く見つけた癌は再発・転移の可能性が低いだけでなく、体に負担の少ない治療(内視鏡手術や腹腔鏡手術)が可能です。
当院では皮膚を切ることなく内視鏡で癌を切り取る治療(ESD;Endoscopic Submucosal dissection)や、腹腔鏡手術(おなかに小さな穴をあけて胃癌・大腸癌・胆石などの手術を行う)に力を入れています。

常勤医師

小林 貴史
外科医師
小林 貴史
(こばやし たかし)
1995年 浜松医科大学卒
日本内科学会認定医
日本内科学会認定専門医

山梨県から、病院の近所へ2人の子供と引っ越してきました。
医師になって14年経ちますが、最初の半分は腎臓内科をやってました。
今は一般外科といっても具合の悪い患者様は何でも診ようというスタンスで診療にあたっています。
家族共々宜しくお願い致します。

森 貴之
外科医師
森 貴之
(もり たかゆき)
2002年 愛知医科大学卒
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会
日本消化器内視鏡学会

一般外科、消化器外科の診療をさせていただいております。
内視鏡検査、治療や体表のしこりなど、幅広い診療を心掛けております。
気になることがあればぜひご相談ください。
宜しくお願い致します。

杉木 孝章
外科
杉木 孝章
(すぎき たかあき)
1996年 山口大学医学部医学科卒
日本外科学会外科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会専門医指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
がん治療認定医
医学博士
健診マンモグラフィー読影認定医師

専門
・消化器外科(特に胆膵疾患)

患者さんにとって、ベストの治療を常に考えながら、分かりやすい説明も心がけて診療にあたっております。
特に胆膵疾患については多くの症例を経験してきております。

PAGE TOP↑