化学療法

当院化学療法部門では、消化器疾患の検査・診断・治療(内視鏡下切除、手術等)に加えて、外来化学療法(抗がん剤治療)を専門に、予約制にて行っております。

化学療法科 消化器内科
小島 一人
(こじま かずと)
1995年 新潟大学医学部医学科卒業
2001年 金沢大学大学院卒業 医学博士
日本外科学会外科認定登録医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に従事する医師などの研修終了(国立がん研究センター中央病院)
がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修会受講終了
がんリハビリテーション研修受講終了
埼玉県肝炎医療研修会終了
TNT終了
日本臨床腫瘍学会、日本がんサポーティブケア学会、日本乳癌学会
日本東洋医学会、日本静脈経腸栄養学会、日本緩和医療学会

消化器・化学療法を担当しております。

<消化器分野>

  • 食道疾患:機能性胃腸症(FD)、逆流性食道炎(GERD)など
  • 胃、十二指腸疾患:炎症、潰瘍、ポリープなど
  • 腸疾患:大腸炎、ポリープ、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎/UC)など
  • 肝疾患:ウイルス性肝疾患(B型肝炎:飲み薬のみで活動性を制御、C型肝炎:飲み薬のみを8~12週服用し、ウイルス駆除率90%以上)、肝硬変(肝性腹水・浮腫)、脂肪性肝疾患、アルコール性肝疾患、自己免疫性肝疾患など
  • 胆道疾患:胆石・総胆管結石、胆嚢炎、胆管炎、ポリープなど
  • 膵疾患:慢性膵炎、急性膵炎、嚢胞性疾患など
  • 常に外科と連携し、積極的治療も施行しております。
<化学療法分野>
  • 胃癌、大腸癌、膵臓癌、肝臓癌、胆道癌、乳癌などに対する薬物治療を施行しております。
  • がん治療ガイドラインに基づきながら、患者さんひとりひとりの治療目標に合わせ、医師、認定看護師、薬剤師、栄養士のチームで対応しております。
  • 治療開始時より支持療法を併用し、有害事象の発生抑制・症状軽減に努めております。
  • 外科および緩和ケア科とも連携し、シームレスな医療を心がけております。

宜しくお願いします。

PAGE TOP↑