内視鏡室

内視鏡室

現在、内視鏡部門では検査だけではなく、内視鏡を使った治療も行われています。 そのため、看護部では知識・技術を高める為、日々勉強しています。
その一つとして、内視鏡技師認定を取得する為、研修へ参加しております。
研修は、勤務扱いで参加できます。
是非、内視鏡に関心のある看護師のみなさん、一緒に働きませんか。

内視鏡室の設備
当院では電子内視鏡システムを導入し、挿入時の違和感の軽減や検査時間の短縮等 患者様への負担が軽くなるよう努めています。
明日の安心のために、定期的な内視鏡検査を受けましょう。
胃癌、大腸癌の早期発見は、早期治療へとつながります。

オリンパス製【LUCERA ELITE】=患者さまへ=

※オリンパス製【LUCERA ELITE】製品情報はこちら →

内視鏡室内視鏡室
①高画質化
【LUCERA ELITE】の導入により高精細画像にて検査を進めることで微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現し、高精度な検査・診断をサポートします。
②NBI(Narrow Band Imaging)
NBIを使用することにより精密な観察を実現し、病変の早期発見につながります。
③炭酸ガス装置
大腸内視鏡検査など比較的長い時間の検査において炭酸ガスを用いることにより、拡張した管腔の速やかな収縮、患者の苦痛軽減や内視鏡検査の効率性アップが期待されます。
④経鼻内視鏡
内視鏡検査では、スコープ挿入時の患者への負担を、いかに軽減するかが大きな課題です。
咽頭反射が軽度な経鼻内視鏡は、挿入時の負担を軽減する有効な方法の一つです。
また、通常の経口挿入においても、超極細スコープなら患者への負担軽減に寄与することができます。
GIF-XP260Nの先端部外径は5.0mm、挿入部外径は5.5mm。
超小型CCDの採用により、患者への負担の少ない経口挿入や経鼻挿入をサポートする、究極の細径化を実現しました。
さらに、GIF-XP260Nでは上下左右4方向のアングル機能を装備。
経鼻挿入可能な超極細スコープでありながら、優れた操作性で精度の高い内視鏡検査をサポートします。

PAGE TOP↑