薬剤科

薬剤部

薬剤科

薬剤師とは

薬剤師法 第1条より
「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。」
我々薬剤師は、患者様が安心して治療に臨めるよう薬学的な視点から関与している職種です。 専門的な薬学知識を生かし、薬剤の管理や供給、調剤や指導、情報提供等を行っています。

業務内容

調剤業務
 私たち薬剤師の業務の基本となるのが調剤業務です。調剤というと薬を取り揃えるというイメージが強いかもしれませんが、それだけではありません。処方内容が患者様の年齢や体重、体質(アレルギー、副作用歴など)、生理機能(腎機能や肝機能)に合っているか、飲み合わせや配合、投与方法に問題はないか等を確認する処方監査。監査された処方箋に基づき、飲み方や保存方法等が記載された薬袋を作成、薬剤を取り揃え、必要に応じて軟膏の混合や錠剤の一包化などを行う調剤。取り揃えされたものが正しく調剤されているかを確認する調剤鑑査と続き、患者様への情報提供や、使用後の情報収集等まで実は調剤業務に含まれています。
医薬品情報管理業務
 薬剤の情報は新薬についてだけではなく既存の薬についても毎日のように新しい情報が追加されていきます。持ち合わせている情報を常に最新の情報へ更新し、患者様や医療スタッフが理解しやすいように収集した情報を分析、加工し伝達していくのも薬剤師の重要な業務の一つです。
無菌製剤
 注射薬は直接体内へ入れることから衛生的な管理が求められます。その中でも高カロリー輸液と呼ばれる薬剤は高い栄養価故に細菌も繁殖しやすいため、薬剤科のクリーンルームに設置された無菌状態を保つクリーンベンチと呼ばれる機器内にて衛生的な手順をもって調製しています。また、抗悪性腫瘍薬(抗がん剤)の調製においては安全キャビネットと呼ばれる無菌的かつ調整者の曝露を防ぐ機器の中で調製を行います。
無菌製剤
薬品管理業務薬品管理業務
 薬剤の品質を保ち、安定して供給することも薬剤師の重要な業務の一つです。在庫量及び有効期限を把握し、日々変動する薬剤の使用状況に合わせて在庫管理毎日行っています。
病棟業務
 患者様のベッドサイドに訪問して患者様本人やご家族様に対してお薬の説明や副作用の確認を行っています。また、患者様によっては錠剤が飲み込みづらい方や、口からの投与が困難な患者様もいらっしゃいますので、投与されている薬剤が患者様に適した形態になっているのかの確認等も行っています。
 病棟業務は病棟にいる間だけではなく、薬剤科にて患者様毎の記録を作成し、患者様の状態や検査値などから薬物治療が安全に行われているかの評価を行い、必要に応じて医師に提案を行っています。

チーム医療(回診、カンファレンス)

     
  • 各病棟カンファレンス
  •  
  • 栄養サポートチーム
  •  
  • 観戦制御チーム
  •  
  • 褥瘡対策チーム
  •  
  • 緩和ケアチーム

チーム医療

薬剤科概要(平成28年10月現在)

薬剤科

職員 薬剤師15名、事務1名
(うち、緩和薬物療法認定薬剤師 1名、NST専門療法士 1名)
処方箋枚数 1800枚/月
注射処方箋枚数 3700枚/月
高カロリー輸液調製件数 780件/月
外来がん化学療法調製件数 40件/月
服薬指導件数 770件/月
採用薬剤数 内服・外用 741品目
注射 315品目

PAGE TOP↑